メニュー

お子様の歯の治療について

当院では、下記のような乳幼児から小学生を対象とした小児歯科の治療をおこなっています。

  • 虫歯の治療、歯肉炎の治療
  • ブラッシング指導、食生活指導
  • フッ素塗布
  • 矯正治療

乳歯の虫歯をそのままにしておくと、後から出てくる永久歯の位置がずれるなどの悪影響が出てしまうことがあります。また乳歯は永久歯と比べて虫歯になりやすく、虫歯の進行も早いものです。噛む時に痛みを生じたり、噛みにくくなったりすると、固い物を避けるようになり、偏食になりやすくなります。また、顎の発達にも悪影響を及ぼします。乳歯はいずれ抜けるからと言って虫歯を放置せず、幼児期から永久歯のことも考えておかなくてはなりません。

初期の虫歯であれば、削ることなく進行を止めておくことも可能です。このため、定期的にチェックをし、早期発見、早期治療が重要と言えます。

小児歯科では虫歯だけでなく、歯肉炎の低年齢化がみられ、現在学校健診では歯肉炎も検査項目の一つです。大人の歯周病の初期段階が歯肉炎です。こどもの頃から歯肉炎の予防と治療も必要です。

また歯の磨き方を幼少期から覚えておくことも重要です。お子様が自分で上手に歯磨きができるようになるまで、ご家族に仕上げ磨きをして頂き、お口の健康管理をしてあげましょう。虫歯になりやすい場所を確認し、年齢に応じて歯磨きに慣れるようにしましょう。歯磨きだけでなく、生活リズム(食事の時間、間食の取り方)を決める事も非常に大切な事です。歯科医院には虫歯の治療に来られるだけでなく、小さなお子様が歯科医院に慣れる事も大切です。症状がなくてもお気軽にお越し下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME