メニュー

ブラッシングについて

ブラッシングをすることは大切なことに違いありませんが、せっかく毎日3回以上もブラッシングをしているのにもかかわらず、歯周病が進行し、歯の一部が削れてしまい、歯を痛めてしまっている方が多く見られます。自己流の歯磨きを長年続けており、歯科医院で歯磨きを教えてもらったことがない人が多く、このような事が起きてしまいます。多くの人は、磨けている部分と磨けていない部分が決まっています。歯磨きに費やす時間が無駄にならないように、ご自分に合った歯ブラシ、効果的な磨き方をアドバイス致します。

なお歯ブラシには様々な種類があり、選ぶ際には以下の点を参考にしてみて下さい。

①植毛はナイロン製の物のが良いでしょう。②小さめの物が磨き易いです。自分の歯の2本分程度の大きさが目安です。③歯列不正のある人は、小さな歯ブラシを選び、歯ブラシを縦に使ってブラッシングしてみて下さい。④歯肉に炎症があって赤く腫れてしまっているような時は、ナイロン製の柔らかい歯ブラシをお使い下さい。2列植毛の物を用い、炎症が軽減してきたら2列、4列植毛の普通の堅さに変えていくと良いでしょう。

歯磨き剤はブラッシングの補助的に使う物です。ブラッシングの効果を上げるためにたくさん付ければ良い物ではありません。歯磨き剤の香りと爽快感で磨いたつもりになってしまうと逆効果になってしまいます。

歯並びの悪い人は、どうしても磨き残しの部分が多くなってしまいます。特に歯と歯の間や歯肉に近い部分を虫歯にしてしまう事が多いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME