メニュー

入れ歯(総義歯・部分義歯)

無くなった歯を放置しておくと、残っている歯の歯並びが悪化したり、健康に害を及ぼしたりする恐れがあります。歯を失うと認知症のリスクが高まります。入れ歯を入れる目的は、食事をするのと同時に、体のバランスを保つのに大きな役割を果たしています。しっかりと噛み合わせることにより体に力が入り、歩行や運動がしやすくなり、転倒や骨折のリスクを減らせることができます。

当院では、無くなってしまった歯を補うための、治療を行っています。

歯の補完については、入れ歯(義歯)が一般的ですが、その他にも、残った歯を支えにして金属をかぶせるクラウンや、歯を植え込むインプラントについてもご案内しています。

  入れ歯 ブリッジ インプラント
  入れ歯 ブリッジ インプラント
  歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
歯を植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある

それぞれに違ったメリットがありますので、ご相談しながら、どれを導入すればよいのか検討いたします。

また当院ではスマイルデンチャーも扱っております(自由診療)。一般的な部分入れ歯は、残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。金属のバネはお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。そこでバネの部分を歯や歯ぐきと同じ色にすることによって目立たないようにした入れ歯がスマイルデンチャーです。

入れ歯を利用されている方の中には、噛みづらくても諦めてしまっている方もいるかと思います。入れ歯の修理、調整も行いますので、入れ歯が合っていないという方はお早めにご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME