メニュー

歯周病(歯槽膿漏)の治療・予防

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌によって歯の周りの炎症を引き起こす病気です。歯を失う主な原因であり、非常に多くの方が罹っている病気です。

特に歯と歯肉(歯茎)の間にある歯肉溝と呼ばれる部分に磨き残しなどがある場合、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりが付着します。プラークには、数億個の細菌がいると言われ、その中の歯周病を引き起こす菌が毒素を出すことにより、歯の周りの炎症が起こります。

歯垢が歯に付着したまま放置されると、唾液に含まれるリン酸やカルシウムが沈着し、硬くなり歯石となります。歯石がついてしまうと、ブラッシングだけでは除去できなくなってしまいます。

さらに放置すると、細菌が出す毒素によって歯を支える骨が溶けていき、最終的には歯が抜けてしまいます。

また歯周病は、お口の中だけの病気ではなく、全身の様々な病気を引き起こすと言われています。歯周病菌や、菌の出す毒素が歯ぐきの毛細血管内に侵入し、血流に乗って全身を巡ることがあります。歯周病菌が脳や心臓の血管内で毒素を出すと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。また歯ぐきの炎症が血糖コントロールを乱し、糖尿病を悪化させることがあります。

治療について

歯周病は、予防・治療が十分可能なものになっています。しかし、病状が進んでしまったものについては、治療が困難なケースもあります。

当院では歯周病の治療、定期的なクリーニング、歯垢、歯石の除去、ブラッシング指導などをおこなっています。

歯周病治療では、まず歯ぐきの炎症状態を検査し、レントゲン写真で骨の状態を確認します。またお口の状態を写真撮影して記録します。検査結果を患者様に説明し、病状に応じた治療計画を検討します。

軽度の歯周病では、スケーラーという器具を使って歯石を取り除きます。また毎日の正しい歯磨きで歯垢を除去し、さらに付かないようにすることが基本となります。これにより症状が改善されます。

中等度の歯周病では、歯茎の腫れや出血に加え、歯と歯茎の境目の隙間が深くなり、歯周ポケットが深くなってきます。このポケットに沿ってさらにプラークが侵入すると、根の先の方に向かって破壊が進行していき、歯を支える骨が溶け始めてしまいます。この段階では歯のグラつきも始まります。歯周ポケット内のプラークや歯石を徹底的に取り除き、歯の根のざらつきをなくし、再び汚れが付着するのを防ぎます。グラグラしてしまった歯を一時的に固定したり、咬み合わせを調整して歯に負担がかからないようにする場合もあります。症状が落ち着きましたら、再発を防ぐために定期的に検査とクリーニングを行います。

重度歯周病になってしまうと、歯が大きくグラグラしてきます。この段階になると歯を残すのが難しく、残念ながら歯を抜く必要もでてきます。

初期の歯周病は自覚症状がないことが多いです。症状が出てしまう前に定期的にチェックをし、メインテナンスを行うことをお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME