メニュー

歯周病(歯槽膿漏)の治療・予防

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌によって歯の周りの炎症を引き起こす病気です。歯を失う主な原因であり、最近では、虫歯よりも歯周病で歯をなくす人の方が多くなっています。 歯周病の初期段階では自覚症状ほとんどなく、気づかないうちに進行していきます。

特に歯と歯肉(歯茎)の間にある歯肉溝と呼ばれる部分に磨き残しなどがある場合、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりが付着します。プラークには、数億個の細菌がいると言われ、その中の歯周病を引き起こす菌が毒素を出すことにより、歯の周りの炎症を起こして歯を支える組織(歯周組織)を破壊していきます。

歯垢が歯に付着したまま放置されると、唾液に含まれるリン酸やカルシウムが沈着し、硬くなり歯石となります。歯石がついてしまうと、ブラッシングだけでは除去できなくなってしまいます。

さらに放置すると、細菌が出す毒素によって歯を支える骨が溶けていき、歯がグラグラしてきます。食事の時に物が咬みにくく、痛みがなくても歯肉から出血したり、膿が出てきたりします。さらに進行すると、骨がなくなってしまい、膿の中に歯が浮いている状態になります。この段階になってしまうと、物を咬むどころか、上下の歯を咬み合わせることもできなくなり、猛烈な痛みに襲われます。

歯周病と全身疾患

歯周病は、お口の中だけの病気ではなく、全身の様々な病気を引き起こすと言われています。歯周病がひどくなると簡単に細菌が歯肉の血管に入り込んでしまいます。こうして細菌が体中を回るようになり、血小板と反応して血管壁にこびりつくようになります。こうして心臓の血管が狭くなってくると狭心症となり、完全に詰まってしまうと心筋梗塞になります。また、心臓の内膜に歯周病菌がつくと、心内膜炎を引き起こし、命かかわることもあります。

糖尿病は、体内にブドウ糖を取り込むために必要なインスリンというホルモンが効きにくい状態になったためにブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態です。糖尿病と歯周病は、お互いに影響を及ぼす関係です。歯周病になると歯周ポケットから血液中に放出された炎症性物質によりインスリンが効きにくくなり、糖尿病が発症、進行しやすくなります。逆に、高血糖の状態が続くと免疫の働きが低下するため、歯周病が発症、進行しやすくなります。適切な歯周病の治療により血糖コントロールが改善できることが明らかになっています。

脳梗塞脳出血くも膜下出血などの脳血管疾患は、例え命が助かったとしても重い後遺症が残ることが多い病気です。重度の歯周病は脳血管疾患の危険因子であることが報告されています。

たばこと歯周病

たばこには有害物質が含まれており、特にニコチンは歯肉の血管を収縮させることによって血行が悪くなり、炎症が進行することになります。歯周病の治療をしても、たばこをやめないと、なかなか治療効果が現れません。自らたばこを吸う人だけでなく、受動喫煙する人も歯周病が悪化することがわかっています。

また、たばこによってメラニンという色素がたくさん生産され、歯肉が黒く見えるようになります。これは、たばこの煙に含まれる一酸化炭素やニコチンなどが、メラニンを分解する物質を抑制し、メラニンを作る物質を産生するからです。たばこをやめると数ヶ月で色素沈着が改善されます。

妊娠と歯周病

妊娠中は歯肉炎になりやすいことが知られています。歯ぐきが腫れて出血しやすくなります。これは、つわりなどで歯が磨きにくくなるためにおこります。また歯肉から出る滲出液に女性ホルモンであるエストラジオールやプロゲステロンが含まれ、特殊な細菌を繁殖させるためによってもおこると言われています。

歯周病は低体重児出産や早産と深い関わりがあります。母親が中等度から重度の歯周病に罹患している場合は、歯ぐきが健康な人に比べて7.5倍も低体重児を出産しているという疫学調査報告もあります。歯周病の炎症で出てくるプロスタグランジンなどの物質が胎盤を収縮させ、歯周病原菌の毒素が血流を介して胎児の成長に悪影響を及ぼすと考えられています。

認知症と歯周病

ものをしっかり咬むと刺激が脳に伝わり、脳を活性化することが知られています。咬む刺激が歯根膜から脳に伝わり、伝達物質であるアセチルコリンを増やします。アルツハイマー型認知症は、このアセチルコリンの量が減ることが原因の一つと考えられています。アルツハイマー型認知症の人は、健康な人より残っている歯が少ないと言われています。歯周病が引き起こす動脈硬化は、脳血管性認知症の原因になる可能性があるとされています。

誤嚥性肺炎の予防

特に高齢者は嚥下機能や咳反射が低下するため、誤嚥の頻度が高くなります。お口の中の細菌が多いと、それが肺に入り込み、肺炎を起こしてしまいます。誤嚥性肺炎は、お口の中を清潔にすることで発症のリスクを大きく下げることができます。お口の中を歯ブラシなどで刺激することが、誤嚥予防に効果的なこともわかってきています。

治療について

歯周病は、予防・治療が十分可能なものになっています。しかし、病状が進んでしまったものについては、治療が困難なケースもあります。

当院では歯周病の治療、定期的なクリーニング、歯垢、歯石の除去、ブラッシング指導などをおこなっています。

歯周病治療では、まず歯ぐきの炎症状態を検査し、レントゲン写真で骨の状態を確認します。またお口の状態を写真撮影して記録します。検査結果を患者様に説明し、病状に応じた治療計画を検討します。

軽度の歯周病では、スケーラーという器具を使って歯石を取り除きます。また毎日の正しい歯磨きで歯垢を除去し、さらに付かないようにすることが基本となります。これにより症状が改善されます。

中等度の歯周病では、歯茎の腫れや出血に加え、歯と歯茎の境目の隙間が深くなり、歯周ポケットが深くなってきます。このポケットに沿ってさらにプラークが侵入すると、根の先の方に向かって破壊が進行していき、歯を支える骨が溶け始めてしまいます。この段階では歯のグラつきも始まります。歯周ポケット内のプラークや歯石を徹底的に取り除き、歯の根のざらつきをなくし、再び汚れが付着するのを防ぎます。グラグラしてしまった歯を一時的に固定したり、咬み合わせを調整して歯に負担がかからないようにする場合もあります。症状が落ち着きましたら、再発を防ぐために定期的に検査とクリーニングを行います。

重度歯周病になってしまうと、歯が大きくグラグラしてきます。この段階になると歯を残すのが難しく、残念ながら歯を抜く必要もでてきます。

歯周治療は、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を取り除くことですが、これはご自身の毎日のブラッシングでしかできない事です。歯科医院では歯肉の中の細菌や、歯根のセメント質にこびりついた歯石を取り、歯と歯肉を剥がれた状態から再びくっつけるお手伝いしかできません。一番効果的な予防法と治療法は、プラークが歯に付かないように歯磨きをきちんとして、食生活を規則正しくすることなのです。プラークは、時が経つにつれて歯石に変化していきます。プラークを1日に1回完全に除去することができれば歯石ができることはなく、歯周病の進行を防ぐことができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME