メニュー

歯ぎしりについて

 

歯ぎしりは、お口の周りに影響するだけでなく、頭痛や肩こりにも繋がることがあります。ひどい歯ぎしりになると、顎関節症を引き起こす可能性もあります。歯ぎしりによって固い歯と歯がぶつかり合うと、歯が削れてしまい、知覚過敏になることがあります。また歯ぎしりをすると、噛む筋肉(咬筋)に強い負荷がかかります。咬筋は首、こめかみ、肩、腰の筋肉と繋がっているため、歯ぎしりによって頭痛や肩こりが引き起こされます。

顎関節症は口を大きく開けると音がしたり、顎の関節に痛みを感じたりします。顎の関節がこわばり口を開けにくくなってしまう事もある病気です。歯ぎしりをする方、歯ぎしりの音を指摘された方、また顎に違和感を覚える方には、歯ぎしりを防止するマウスピースをお作りします。主に就寝中にマウスピースを着けて頂いて、上下の歯が直接当たらないようにし、歯や顎にかかる負担を減らすことができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME