メニュー

知覚過敏

知覚過敏は、虫歯でない歯が瞬間的な鋭い痛みを感じる状態のことを言います。冷たい物や熱い物、甘い物を食べたり飲んだりした時、また歯ブラシの時や冷たい空気を吸い込んだ時に痛みを感じることもあります。

知覚過敏の原因の多くは、歯周病や咬み合わせの影響で歯ぐきが下がり、歯の根の部分が露出したことによって起こります。歯の根の部分を歯ブラシや歯磨き粉の研磨剤で削ってしまうことにより知覚過敏が進行してしまいます。

軽度の場合は症状が一時的なこともあります。対処法、治療法としては、しみ止めの薬を塗ったり、知覚過敏対策用の歯磨き粉を使うことにより症状が落ち着くことがあります。

歯の根元が欠けてしまったためにしみる場合には、白い材料を詰めてしみないようにします。

知覚過敏の症状があまりにも辛く、痛みの持続時間が比較的長い場合や、日常生活に支障を及ぼすほどになってしまうと、歯の神経に炎症が起きている可能性もあります。この場合は歯の神経の処置が必要になります。

歯がしみる症状がある方は、お早めにご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME