メニュー

虫歯の治療

虫歯は、口の中にいる細菌が、私達が食べたり飲んだりした糖分を餌にして作り出した酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。口の中で虫歯菌を増やさないようにすること、虫歯菌が酸を作りにくい環境にすることで、予防のできる病気です。

虫歯の治療については、その進行度合いによって、治療方法が異なります。

軽度の虫歯治療

エナメル質の表面が少しだけ溶かされた状態で、まだ自覚症状はありません。毎日の適切なブラッシングで汚れをしっかりと落とし、フッ素を塗ることで、歯の再石灰化を促進し、自然に治ることもあります。虫歯が進行して歯に穴が空いてしまったら、白い材料を詰めます。

中程度の虫歯治療

歯の痛みが出た時は、虫歯が中程度まで進んでいる場合が多くあります。初めに虫歯の進行している部分を削り取り、詰め物により補修をおこないます。詰め物には種類があり、保険適応のものと、適応外のものがあります。

さらに虫歯が進行してしまい、歯髄と呼ばれる神経が炎症を起こしていたり、腐敗してしまった場合は、歯髄を取り除き根の治療を行います(根管治療と言います)。歯髄を取り去って消毒し、根の中を埋めて治療は終了となります。虫歯で大きく歯が欠けてしまった時にはクラウンと呼ばれるかぶせ物をして治療することもあります。詰め物やかぶせ物を入れたあとは、その周りから再び虫歯が進行しないように、特に注意してブラッシングをしましょう。

重度の虫歯治療

重度の虫歯の場合は、抜歯が基本となります。この場合、虫歯になっている歯だけでなく、口の中に異常が確認される場合があります。その場合は、虫歯部分だけでなく、歯茎などを含めて、総合的な治療が必要になります。

虫歯はできるだけ早く発見することで、治療を簡単に済ませる事ができ、歯を残すことができます。症状がなくても、定期的な受診をお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME